拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1020()am10pm3

「緑化フェア2018 ロクハ感謝祭」が開催されました。

草津市のロクハ公園で毎年行われる

花とみどりあふれるまちづくり推進のイベントです。

前日から天気予報が変わり、午前中は雨雲の出る微妙な空模様に。

オープニング前に雨もパラつき、出足は少し鈍かったものの無事スタート。



b0215856_10450488.jpg














植栽販売やクラフト、クイズ、プレゼントありの緑化フェアブース。

子どもわくわくコーナー、フリーマーケット、ミニ新幹線やふわふわランドなど

小さなお子様も安心して楽しめる多彩な模擬店や物産店が集いました。

弊社「拓伸ブース」では花と野菜の種配り、美しき草津写真展、

滋賀いちばんクイズ、お茶(販売用)をご用意。




すると、橋川草津市長が訪問してくれました!



b0215856_10450745.jpg


















例年、クイズの正解者にはもれなく可愛い景品プレゼントがあり、

お子様たちが殺到しますが、今年も例外ではなく・・()

ミニスピナーやミニオンシャボン玉セットが大人気で

おしゃれなミニプランター用アルミ缶やキャラクタータオルハンカチも

昼すぎにはなくなってしまいました。たくさんのご参加ありがとうございます。

子どもわくわくコーナーの綿菓子づくりや金魚すくいも人気でしたね。

また郵便局の赤カブやユンボに乗れる体験ブースも親子連れの撮影で賑わいをみせていました。


b0215856_10450978.jpg

















b0215856_10451145.jpg












ちま吉」くん、「マッチ」くんのゆるキャラは、もちろん小さなお子様に大人気。

触られるわ&突つかれるわ()補助の方も誘導に大変そうでしたね。


b0215856_10451394.jpg






























「ちま吉」くんは緑の募金にも協力してくれました。




今年は無事に「緑化フェア2018 ロクハ感謝祭」を終えることができました。

弊社ブースにお越しのみなさま、ありがとうございました。

また来年(?)お会いいたしましょう!








[PR]
# by takushin_blog | 2018-10-23 10:50 | 広報企画部Dのひとりごと
今年も草津市ロクハ公園で
緑化フェア2018ロクハ感謝祭が開催されます。
ここのところお天気に恵まれませんでしたが
今年の天気予報は晴れ時々曇。
行楽日和になりそうです!


今年も拓伸ブースではクイズ(景品付)も楽しめます。
※景品がなくなったら終了です、ゴメンナサイm(_ _)m

あ、そうそう、人気の〔ちま吉〕もいるよ〜!

ご家族そろってお出かけください。




b0215856_12043358.jpg
b0215856_12042980.jpg

[PR]
# by takushin_blog | 2018-10-19 12:06 | イベントのお知らせ

粟田神社は貞観18年(876)に疫病除けの祈願を行った際に「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。その地は昔、牛頭天王(ゴズテンノウ=素戔鳴尊)に縁ある地である。そこに我を祀れ」との神託があり創建されたといわれています。
粟田祭は毎年10月に行われる粟田神社の祭礼。長保元年(1001)に始まったと言われる古い祭で、応仁の乱で祇園会が中止された時には、粟田祭がその代わりをしたともいわれています。体育の日前日の「出御祭(おいでまつり)」「夜渡り神事」。体育の日の「神幸祭(しんこうさい)」「還幸祭(かんこうさい)」、そして15日の「例大祭」までの神事・行事を総称して粟田祭と呼びます。


拓伸京都本社は粟田神社の氏子です。

夜渡り神事に従って行列する風流灯籠は、平成20年に資料を基に復興したもので「粟田大燈呂(あわただいとうろ)」 と呼ばれ行列に華を添えており、三条通を練り歩きます。


b0215856_13545498.jpg































b0215856_13550465.jpg

b0215856_13550967.jpg

8日の神幸祭のまえに青蓮院、知恩院に参り、







白川沿いを上がります。




b0215856_13581416.jpg

b0215856_13581949.jpg

台風の予防でしょうか枝が切り落とされていました。





仁王門通りまで上がり、平安神宮でもお参りし、


b0215856_15394849.jpg

b0215856_15395171.jpg


大鳥居をくぐると、



b0215856_13582381.jpg

b0215856_13582501.jpg




疎水の鴨は人気で人だかりでした。

人気と言えば、京都近代美術館は長蛇の列



b0215856_13583653.jpg

b0215856_13584095.jpg


東山魁夷転でした






そして、11時半を過ぎたので再び粟田神社へ

十二個の提灯を山型に並べた「十二灯」(じゅうにん)中之町・条坊の町


b0215856_13584860.jpg

b0215856_13585199.jpg






b0215856_13585413.jpg

b0215856_13585943.jpg

b0215856_15570429.jpg




































神事が終わり、拝殿廻し前の神輿です。 




















            

b0215856_13590394.jpg


























こども神輿 










今年ご献納させていただいた拓伸の提灯が拝殿の角に吊るされていました


b0215856_13591739.jpg

b0215856_15394422.jpg

b0215856_15570276.jpg




























神事が終了し、弊社前の三条通りを剣鉾が巡行してきました。



旅立ちの守護・厄除け・病よけの神として崇敬を集める神社ですが


秋晴れの恵まれたお天気のように

皆さんの良き一年を祈願して「粟田祭」の報告とさせていただきます。








[PR]
# by takushin_blog | 2018-10-09 15:02 | 広報企画部Dのひとりごと

弊社京都本社の位置する「粟田口」は、京の七口(きょうのななくち)の1つとして、

東海道・中山道から京(京都)につながる街道の代表的な出入口の総称として用いられ、

軍事上の要衝であったとされます。

粟田口の近くにある粟田神社は「旅立ちの神」として信仰されたそうです。

b0215856_14415604.jpg
b0215856_14414771.jpg

先ごろ粟田神社の境内への提灯の新規献灯の依頼をいただき、弊社名の提灯が10月に行われる粟田祭を前に掲出されました。

本殿に向かう道筋ですので見ていただけたら幸いです。今回のブログでは粟田神社、粟田祭をご紹介したいと思います。




◆粟田神社◆

スサノオノミコト・オオナムチノミコトを主祭神として祀り、厄除け・病除けの神と崇敬される。京都の東の出入口である粟田口に鎮座する為、古来東山道・東海道を行き来する人々は旅の安全を願い、また道中の無事を感謝して当社にお参りされ、いつしか旅立ち守護・旅行安全の神として知られるようになる。祭には神輿に先行して剣鉾が巡行する。剣鉾は祇園祭の山鉾の原形と云われており、 室町時代には祇園会が行われない際は粟田祭をもって御霊会としたと伝えられる。一説には奈良朝より活躍した粟田氏の氏神として創建された社とも云う。

b0215856_14422778.jpg
b0215856_14422953.jpg



◆粟田祭(粟田神社大祭)◆

10月に行われる当社最大の祭礼行事です。この粟田祭は一千年の歴史を持ち、室町時代には祇園祭が齋行できなかった時には、当社の祭りを以て代わりとしたと云われています。

粟田祭のはじまりは、長保3年(1001)の旧暦99日の夜、一人の神童が祇園社に現れて神人に「今日より7日後に祇園社の東北の地に瑞祥が現れる。そこに神幸すべし」と告げられました。7日後の915日にお告げのとおり瑞光が現れたため御神幸が為されました。その瑞光が現れた場所が当社であり、これが粟田祭の始まりとされています。

b0215856_14424889.jpg

◇体育の日前々日「出御祭(おいでまつり)」/午後10時:拝殿安置の神輿に御神霊をお還しする神事

◇体育の日前日「夜渡り神事」/午後6時頃:大燈呂が練り歩きます。見どころは風流灯籠「粟田大燈呂」、造形の灯篭の山車が光り輝きます。巨大で迫力がありますが、どこかユーモラスでお子様が見ても楽しいでしょう。

◇体育の日「神幸祭(しんこうさい)」/午後0時頃:剣鉾の巡行と神輿渡御です。

   「還幸祭(かんこうさい)」/午後6時頃:行列帰着次第の執行

◇そして15日「例大祭(れいたいさい)」/午前11時:本殿で舞楽奉納

b0215856_14425267.jpg
b0215856_14425072.jpg

粟田祭は見どころ満載で、京都の秋祭りらしい光景といえます。

是非、お時間のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


[PR]
# by takushin_blog | 2018-09-18 14:48 | 広報企画部Dのひとりごと


三条通は、東は山科区四宮から西は右京区の嵐山(渡月橋)に至り、

平安京の三条大路に相当し、

鴨川に架かる三条大橋が東海道五十三次の終点でした。

弊社の位置する蹴上(南禅寺付近)は東海道の京の出入口の部分とされた

「京の七口」の一つの「粟田口」と呼ばれ、

近くにある粟田神社は「旅立ちの神」として信仰されていたそうです。

b0215856_13501587.jpg






















京都市内における東西のメインストリートの一つであるこの三条通も、

河原町三条交差点からは三条名店街の入り口となり、

商店街の西は落ち着きと華やかさを垣間見る「京の小路」としての通りが存在します。


b0215856_13514641.jpg

































麩屋町通の角には「FRANZE & EVANS LONDON京都三条店」(424日オープン)

富小路通の角にはクリームパン専門店「キンイロ 三条店」(428日オープン)

パン屋さんとチョコレート屋さんが多いのは京都市民の食文化からなのでしょうか。

b0215856_13525687.jpg








b0215856_13532870.jpg

























































































































赤レンガ造りが近代建築として重要文化財に指定されている京都文化博物館や

ネオルネッサンス様式の建物を残す中京郵便局を過ぎ、通りの華やかさは烏丸通交差点までだったのですが…

b0215856_13541212.jpg



























スタバの西に、「JOURNAL STANDARD KYOTO 御倉町」が63日にオープン。

この店の新コンセプトショップ&カフェのようです。

b0215856_13544722.jpg






















古い町家やレトロビルを活かしたお店、そして鮮やかなディスプレイや

洒落た建造物が点在する趣ある佇まい。

新しさや懐かしさを楽しみながら三条通を西へ、そぞろ歩いてみませんか。

b0215856_13552175.jpg














[PR]
# by takushin_blog | 2018-06-26 14:06 | 広報企画部Dのひとりごと