人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

京風に呼ぶならば、からあこおん。w


道路や工事現場などの規制や区分けを示し、

安全面を目的として置かれる

カラーコーン。

その視認性を高め、注意を喚起するため赤、朱色、黄色、

はたまたストライプ柄など派手なカラーが多いが、

やや控えめな茶や白、青などもあるそうだ。

プラスチックやゴム素材がそのままで、

景観との調和は?といえばちょっと残念な違和感ありあり。




先日、祇園を歩いていて発見!




危険箇所への設置では目立ち・気づかせることが大切であるが、

風情や趣ある街並みにおいてやや柔らかめの

〝立ち入り禁止〟〝注意喚起〟だけを促すような場所には、

こんなコーンが素敵である。

b0215856_12235149.jpg


これはもう「からあこおん」と改名してしまいたい!()



b0215856_12241718.jpg

従来のカラーコーンに被せるカバーというのが正解か。

天然竹と籐でできているようで、環境にも優しいといったイメージ。

京の町屋などの軒下に見られる犬矢来のように、竹の清々しさ、

リズミカルで優美な芸術性まで感じさせる装飾性あるディテール。

木造建築に自然に溶け込むさりげない存在感は、

機能性はもちろん風情と潤いを演出してくれるようだ。


by takushin_blog | 2019-07-18 12:21 | 広報企画部Dのひとりごと