拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2月10日(木)
第3回『スマートコミュニティ技術コンソーシアム』が開催されました。

本コンソーシアムはスマートコミュニティに関する技術情報を交換する場であり、
異業種の交流などを目的としたコンソーシアムです。

今回も弊社から「琵琶湖スマートコモンズの現状について」の
講演をする機会を設けていただき、ありがとうございました。
b0215856_112331.jpg

第3回目となります今回からは
昨秋、本社を移転されましたパシフィックコンサルタンツ株式会社様の
本社会議室での開催となりました。
本社のあるテラススクエアは、皇居のすぐ北東側に位置し
完成してまだ1年にも満たない新築のオフィスビルです。

今回のテーマは「EMSからIOT・ビッグデータへ」ということで、
講演は主催者のパシフィックコンサルタンツ(株)
スマートコミュニティ技術コンソーシアム 玉木宏忠事務局長より
これからの展望や事例などを盛り込んだ講演からスタート。

大手オフィス家具の製造販売会社様、
大手センサーの製造販売会社様、
大手電気通信製造販売会社様、
大手ゼネコン会社様 の順で講演されました。
b0215856_1125725.jpg

そして最後に、
当コンソーシアムタスクフォースである「琵琶湖スマートコモンズ」について
弊社芦田が滋賀県&大津市の魅力と課題や当コンソーシアムと滋賀県との関わり、
地方創生・電力小売自由化などの国や県の施策、
今後の課題等について講演させて頂きました。
b0215856_1132645.jpg

今回の開催では「日本一のものづくり県」と言われる滋賀県において
その代表的企業であり大津市に本社を置くIOT関連の
大手製造販売会社様も参加されておりましたので、心強くまた誇りに感じました。

このIOTへの転換について各社の講演で強く感じたことは
センサーが1つのポイントで、省エネ・防犯防災にはとくに欠かせないものであるが、
人材が不足している分野だけに、これからの貢献度は更なる期待を抱かせるものである、ということです。

また、終了後に参加の皆様へお聞きした感想では
滋賀県はエネルギー政策について知事自らが会議に出席されるという
他府県には例のないほど力が入っている県で、
是非ともその素晴らしい環境・土壌で挑戦して行きたい!と。
滋賀県で事業を行っている弊社としては大変嬉しいご意見を賜ることができました。

今回のコンソーシアムで得ました「IOT」と「滋賀県」の
2つのキーワードを活かした取り組みが望まれるところです。

簡単ですが、第3回『スマートコミュニティ技術コンソーシアム』開催報告でした。
[PR]
by takushin_blog | 2016-02-16 11:05 | 琵琶湖スマートコモンズ関連
「電力自由化」もうすぐ始まります!
気になる、その認知度は? 今後の乗換えは?



大阪ガス、eoでんき、ソフトバンクでんき、などなど
4月1日より電力供給をはじめる各社のテレビCFが多くなり、
早期契約、囲い込み合戦が始まっています。

私たちの“電気”はどう変わるのか?
電力供給元を変えたほうがいいのか?そして周りは変えるのか?
この「エネルギー自由化」にどう思っているのか、という興味深いアンケート結果が
でていましたのでご紹介します。


電通は電力小売り自由化を前に、2015年11月に全国の20~69歳の男女5,000人を対象に
「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施した。2014年12月に続き、2回目。

「家庭用電力の小売り自由化について知っているか」については、
「内容まで知っている」が8.9%、
「内容は分からないが、自由化されることは確かに知っている」が53.3%。
この合計の62.2%は第1回調査より15.3ポイントの増加だが、
「内容まで知っている」に限ると2.4ポイント 増にとどまっており、
電通では「参入企業や自由化のメリットなどの内容についての理解は
あまり進んでいない」とみている。

「電気の購入先を検討したいか」については、
「変更意向あり」が21.0%で、前回の16.9%からアップ。
「検討はしない」は20.0% だったことから、
電通では80.0%が検討する意向を持つとしているが、
このうち59.0%が「検討するが、変更するかどうかはわからない」
と回答してい ることから、
「電力自由化への関心は高まってきているものの、具体的な検討については
購入先や商品内容などが明らかになってからと考える人が多い」として いる。

では、変更意向があると回答した人々にとって、
何が変更の動機づけになるかを尋ねると、
「月額500円の値下げ」で変更を検討するとした回答が29%、
「1,000円の値下げ」としたのが56%だった。
この「1000円」について、電通では
「調査対象の電気量の平均月額が7104 円だったことを考えると1000円は15%にあたり、
値引きを求める額にしては妥当なところ」と分析している。

一方、「電力会社に感じるベネフィット」では、
「月々の電気料金が安い」という点について、新電力会社が15%と、
8%の電力会社を大きく上回ったが、「安定供給」では新電力7%、電力35%、
「日常の点検・メンテナンス」では新電力9%、電力23%と、差を付けられた。

電力小売り各社との契約内容や利用者の使用量によって
値下げ幅や割安特典は変わってくる。
「変更するかも含めてこれから決める」層が多いことは、
乱立している各社にとってまだまだ“草刈り場”が大きいということが浮き彫りになった。

             ↓ほんの一例ですが
b0215856_10445589.png

電力系、通信系、ガス系、IT系、GS系、コンビニ系など
電気料金プランや独自の特典を打ち出してきましたが、さて、どこがいいのか…
家庭の電気使用量によって割引が大きく変わってくるようなので、
まずは毎月、年間の電気使用量を把握することが大切。
各社ともシミュレーションができるようになっているのでじっくり選びたいですね。
とはいえ、早期契約割引ってプランもあることも視野にいれながら!
[PR]
by takushin_blog | 2016-02-10 10:49 | 広報企画部Dのひとりごと