拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スマートコミュニティをコンセプトとした次世代の街づくりプロジェクトを進行している弊社 京都支社のすぐ近くには、日本で最初の事業用水力発電所となった「蹴上(けあげ)発電所」があります。琵琶湖疎水を活かした自然エネルギーによる水力発電、これはぜひ紹介しなくては…と今回のブログのテーマです。

日本で最初の事業用水力発電所「蹴上発電所」

b0215856_10321879.jpg

「琵琶湖発電所」は琵琶湖疏水で得られる水力の有効活用の目的で建設。第1期発電所は明治23年(1890)年1月起工され、明治24年(1891年)5月にはペルトン水車(120馬力)2台、エジソン式直流発電機(80kw)2台の出力160kwで運転を開始しました。
第1期工事完成時には20基の水車と19基の発電機が据え付けられ出力は1,760kwになりました。
b0215856_1033421.jpg

発電•送電された電気は、明治28年(1895年)、塩小路(現在の京都駅)〜伏見駅へ走る日本初の市街電気鉄道(京都市電)の開通に大きく貢献。京都の街はもちろん、京都市内の時計工場や紡績工場に動力用電力として供給され、明治31年には2000馬力にも達していたそうです。京都の近代化に大きく貢献した蹴上発電所は、開業から100年以上を経た今でも電気を送り続けています。

また、琵琶湖疏水は用水以外にも水運路として使用されていましたが、標高差の大きい(582mに36m)蹴上にはインクライン(傾斜鉄道)を設けて船を台車に載せて渡して(上下させて)いました。 インクラインのレールと車両が現在も比較的良好な状態で残っていて人気の観光スポットとなっています。
b0215856_10332948.jpg

b0215856_10391213.jpg

レンガ作りのモダンな建物。現存しているのは第二疏水を利用した第2期工事の発電所だそうですが、それでも明治45年から稼働し、現在も関西電力蹴上発電所として現役ですから、なんと100年近い長寿!京都の産業振興に大きく貢献してきた水力発電所が市街に現存している。支社にきて1年、毎日なにげに前を通っていたとは…驚きました。
b0215856_103401.jpg

蹴上発電所に資料館などはありませんが、すぐ北にある琵琶湖疏水記念館(京都市左京区南禅寺草川町17)は同疎水竣工100周年を記念して平成元年に先人の偉業を顕彰するとともに京都の活力の源となることを願って開館。ここにはスタンレー式発電機や直径2.4メートルもあるペルトン式水車なども展示されています。ご興味のある方はぜひ訪れてみてください。

◆ 雑学1/主な水力発電所の最大出力
関西電力の水力発電所は、黒部川、庄川、神通川、木曽川水系のほか、近畿地方(大阪府を除く1府4県)、福井県に合計151ヶ所、総出力約821万kWあります。※平成25年11月現在
蹴上発電所/4,500kw(水路式)
同じ淀川水系の宇治発電所/32,500kw(水路式)
黒部第四発電所/355,000kw(ダム水路式) クロヨンの名で親しまれている
奥多々良木発電所/1,932,000kw(純揚水式)
奥吉野発電所/1,206,000kw(純揚水式)

◆雑学2/蹴上の名の由来
いくつかの本に名の由来が書かれているが、いずれも類似した解釈がなされています。竹村俊則氏の「昭和京都名所図会」には、このあたりは三条白川橋から山科大津に至る街道筋にあたり旅人が往来する道であった。安元3年(1177)の秋、牛若丸(後世の源義経)が金売り吉次に伴われて奥州目指してくだる途中、たまたまここを通りかかった平家の武士関原与市重治 の馬が水溜りの水を牛若丸に蹴りかけてしまった。牛若丸がその無礼をとがめて喧嘩となり、与市を斬り捨てたことからこの地区を蹴上と呼ぶようになったというそうです。
[PR]
by takushin_blog | 2014-04-11 10:40 | 琵琶湖スマートコモンズ関連
京都スマートシティエキスポ2014•国際シンポジウム

b0215856_1304024.jpg

3月26日(水)•27日(木)の2日間、
「京都スマートシティエキスポ2014•国際シンポジウム」が開催されました。
b0215856_1332441.jpg

このシンポジウムは、スペインバルセロナ市で毎年開催されている
「スマートシティエキスポ世界会議」を京都•けいはんなで開催し、
スマートシティに係る国際的なビジネス交流、
技術交流を促進するための国際シンポジウムです。
b0215856_1314060.jpg

第1回となる今回は「日本スペイン交流400周年事業」に位置づけ、
メインテーマを「グリーンイノベーションがもたらす次世代の都市と産業の創造」。
スマートシティ関連の企業、研究者•自治体、各分野の最先端に従事されている方々の
講演とパネルディスカッションなどが行われました。
開催日は2日間。会場での分科会も2つのホールであり、どの講演に参加するのかも悩むところです。

三菱自動車工業(株)代表取締役社長 益子 修 氏の
記念講演「スマートシティ構築に向けた電動車の役割と三菱自動車の取組」
マサチューセッツ工科大学センシアブルシティ研究所所長 Cario Ratti氏の
基調講演「ビッグデータシティ」

その後は「次世代につなぐスマートな社会システムの構築」をテーマとした
メインホールでの講演を視聴。
◇イギリス•スペースシンタックス社代表取締役 Tim Stonor氏の
「人間中心の都市計画、建築設計、空間経済学に関する予測分析」
◇ 三菱重工業(株)エネルギー環境ドメイン事業開発•ICT推進室主席部員 半谷陽一氏の
「けいはんなスマートコミュニティ実証のおけるデマンドレスポンスの取組みの成果と課題」
など、新たな技術•システムの開発動向や都市問題に取り組む事例が専門的に紹介されました。
b0215856_132192.jpg

なかでも興味深かったのは、
けいはんなのスマートコミュニティ実証でした。
この地域に住まう700世帯で価格誘導型デマンドレスポンスを実証。制度の設計段階で価格メニューの選定を64000人を対象にwebでの選好度合調査を行い、実施。電気使用料の価格メニュー(TOU、CPP、PTR、RTP※専門過ぎて理解できなかったところも多々ありますが)の高い設定での夏の実証では3.6%〜9.3%の需要量削減効果が認められたそうで、やはり積極的なエコ意識は価格帯により変動するという傾向なのでしょう。実験という内容ではあるものの高い電気代の購入&節電リベートのある設定(※万一、理解があやまっていたらすみません)を好まれない世帯が多かったようです。
b0215856_1322349.jpg

生活に欠かせない電気の価格は家計に大きな影響をもたらします。
太陽光発電システム導入にはコストも高く減価償却にも長い年月を要するのも事実。かといって安い電力会社を選ぶ手段もない。一括受電は認められていない…そんな現状でのスマートシティ実現にはまだまだ高いハードルがいくつもあります。
エネルギーの地産地消、地域としてあるべきスマートコミュニティの形、世界中での具体的な取組みを参考に「琵琶湖スマートコモンズ」を具現化するためにまだまだ勉強が必要だと実感したシンポジウムでした。
[PR]
by takushin_blog | 2014-04-04 13:13 | 琵琶湖スマートコモンズ関連