拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『びわこ立地フォーラム in TOKYO』開催     

東京で『びわこ立地フォーラム in TOKYO』が開催されました。

『びわこ立地フォーラム in TOKYO』
開催日 2015年11月25日(水)/15:00〜
場所  経団連会館2F 経団連ホール
主催  滋賀県•滋賀県産業立地推進協議会

びわ湖を取り巻く豊かな自然環境や交通インフラ整備に恵まれた滋賀県は、
企業の新拠点候補地としても豊富な魅力を有し、数多くの有力企業が進出しています。
そんな滋賀県の魅力を外資系企業や本社機能移転を検討中の企業にプレゼンテーションするフォーラムです。

b0215856_15115694.jpg

まず、三日月知事からは
1.近畿圏、中部圏、北陸圏のクロスポイントであり、
 地の利にめぐまれた自然災害の少ない地域
2.仏教源流の地。戦国武将が活躍した舞台でもあり、近江商人発祥の地
3.琵琶湖をとりまく豊かな自然、子宝と長寿に恵まれた住み心地の良さ
など滋賀の3つの魅力を紹介されましたが、
簡潔ながらも企業誘致への熱弁!といったところでした。

特別講演では、
バイエル薬品株式会社 代表取締役代表 カーステン•ブルン氏から
日本は高齢化社会が進みつつあり、新薬品市場として世界で2番目に大きな市場としての重要性を紹介。
b0215856_15122989.jpg


パナソニック株式会社 常務取締役 本間哲朗氏は
パナソニック製品の白物家電は滋賀県で70%近く作られていて、滋賀県発のアプライアンス グローバルトップ企業を目指すとの企業展望が語られました。
b0215856_15124578.jpg


バイエル薬品&パナソニックの共通点は
雇用は現地採用が中心であること。大学や地元企業との連携が図れること。
滋賀県には“ものづくり”を支える土壌(歴史)があること。
世界の中の滋賀という位置づけにあること。などが上げられます。
また、小学校の工場見学をはじめ、地域の活動参加など地元に貢献して行くことで社員のモチベーションにもつながり相乗効果が生まれていることもあるそうです。

改めて地の利や歴史がかもし出す「滋賀県」の伸びしろを感じました。
「琵琶湖スマートコモンズ」も配布資料(産業団地のしおり)のなかで紹介されました。
b0215856_1513729.jpg

b0215856_15132172.jpg

以上、『びわこ立地フォーラムin TOKYO』参加報告でした。
[PR]
by takushin_blog | 2015-11-26 15:15 | 琵琶湖スマートコモンズ関連