拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「J-クレジット制度」「エネルギー関連支援策」説明会



2月17日(月)、大津市ふれあいプラザで開催された
「J-クレジット制度」「エネルギー関連支援策」説明会に行ってきました。

「J-クレジット制度」
「J-クレジット制度」は大企業等による資金等の提供を通じて、中小企業が行った温室効果ガス排出削減量を認定し、大企業の自主行動計画の目標達成等のために活用できる制度。
なんとも難しい内容に感じますが、中小企業や団体は温室効果ガス(CO2等)を減らすために努力した削減量(クレジット)を売ることができ、中小企業には資金が、大企業には購入(クレジット)に応じ、企業•商品PRや集客イベントや不ランディング等に活用できるというもの。
売る側、買う側のメリットをつくり、温室効果ガス(CO2等)削減を促進する制度ですね。

弊社の「琵琶湖スマートコモンズ」でも、再生可能エネルギーを推進する街づくりにおいてCO2削減を運営•管理する“プログラム型プロジェクト”に登録できる要件を満たしていると思われますが、どうやら申請期間が今年度までとのことで残念ながら……。

しかしながら、J-クレジットを購入利用し活動を応援することは可能ですし、次回の募集もあればクレジット創出側としての手続きをしてみたいですね。

b0215856_1553550.jpg



「エネルギー関連支援策」
「エネルギー関連支援策」の平成26年度予算案概要においては、
「省エネルギー対策導入促進事業費補助金」5.5億円
「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」410.0億円
「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」(小規模事業者実証分)3.8億円
「住宅•ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金」76.0億円
「分散型電源導入促進事業費補助金」249.7億円
「再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金」40.0億円
「独立型再生可能エネルギー発電システム対策費補助金」25.0億円

その他、グリーン投資減税の対象設備の拡充等、生産性向上設備投資促進税制など多くの再生可能エネルギー導入推進の支援策が設けられています。

また、太陽光発電システムの導入に拍車をかけた固定価格買取制度は毎年の見直しが行われていて今後は買い取り価格の低下が予想されるようです。これで導入にブレーキがかからなければ良いと思います。
[PR]
by takushin_blog | 2014-02-19 15:06 | 琵琶湖スマートコモンズ関連