拓伸の情報満載


by takushin_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「住みよさランキング2017」中部・近畿編

東洋経済新報社が発表した全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」の記事からご紹介。最新となる2017年のランキング結果です。

「近畿」ブロックでは、草津市(滋賀)が5年連続でトップ。2位は芦屋市(兵庫)、3位は甲賀市(滋賀)で昨年からトップ3に変動はなし。

草津市は、全国順位が一昨年14位、昨年20位、今年が24位と徐々に順位を下げているものの、ブロック内トップの座を守りました。

滋賀県の南西部、大津市の北、琵琶湖の南東に位置し、江戸時代には東海道と中山道が分岐・合流する宿場として繁栄。現在も名神・新名神高速道路が結節する交通の要衝です。

人口は約13.7万人(2015年国勢調査)。ここ数年は人口・世帯数ともに増加し続けており、年少人口・生産年齢人口比率が高い。京阪神圏のベッドタ ウンでもあり、電機メーカーやハイテク企業が多数進出する工業都市です。
「利便度」が全国5位、「快適度」が34位、「富裕度」が95位で、この3部門に高い評価。

弊社も草津市に800戸以上の戸建やマンションを開発•分譲してきましたので、
この住みよさランキング「近畿」ブロック第1位にはうれしいかぎり!思わずブログでの紹介となりました。(笑)
b0215856_12111124.jpg


2位は芦屋市。そして3位にも滋賀県から甲賀市。
甲賀市の全国順位は昨年より若干下がったものの、2年連続の3位に。滋賀県の東南部、大阪と名古屋のほぼ中間地点、それぞれの100km圏内に位置するポジションにあります。
人口は約9.0万人(2015年国勢調査)。信楽焼や甲賀流忍者のまちとして知られるが、滋賀県内有数の工業都市でもあります。
「利便度」が全国 104位、「住居水準充実度」が154位で、「快適度」のみ若干全国平均を下回るものの、4部門が全国平均を上回っており、高い総合評価につながっているようです。

各府県のトップは、滋賀がブロック内1位の草津市(全国24位)、京都が27位の福知山市(全国169位)、
大阪が5位の箕面市(全国63位)、兵庫が2位の芦屋市(全国31位)、奈良が11位の香芝市(全国83位)、和歌山が43位の御坊市(全国272位)でした。


滋賀県では草津市、甲賀市のほかにも近江八幡市、彦根市、米原市、守山市など6市が20位以内に入り、近畿において『住みよさ県』を象徴するものとなっています。

滋賀県といえば全国県別の知名度(2016年は全国33位)はけっして高くなく、滋賀県=琵琶湖のイメージだけなどど言われますが、この『住みよさ』ランキングは大いに誇れる結果ではないでしょうか。
[PR]
# by takushin_blog | 2017-07-04 12:11 | 広報企画部Dのひとりごと
寄付をすると、税金が控除されたり、寄付金の使い道を指定して地域を応援できたり、
さらには寄付した地域からお礼の品として美味しいお肉やお魚などがもらえる「ふるさと納税」がブームとなりました。


寄付金を地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、 みんなが幸せになれる制度のはずですが
ここにきて返礼品の上限は寄付金3割未満、商品券や家電やゴルフ用品などお金に換えやすいものは望ましくない、との発表が。

人気の自治体との税収額の格差、都心部の税収減、肉食欲を煽る(自治体の調達額)競走過熱など
さまざまな問題、不満不平が見え隠れしているようです。

今回取り上げた話題は、ふるさと納税の寄付を集め、かつての交通手段であった琵琶湖疎水通船を復活させるというもの。
豪華な商品の返礼はありませんが、先人達の生活や文化に触れることのできる
こころの贅沢ともいえる『心が躍る精神的な高揚』の素敵な見返りがここにはあるのかもしれません。


b0215856_1193424.jpg

ふるさと納税で琵琶湖疏水通船復活へ!!

琵琶湖疏水は今から127年前に建設。京都の近代化を切り開いた偉大な産業・文化遺産であるとともに、
今日においても、水道事業や水力発電などにより、147万市民に恩恵をもたらす現役の施設です。
大津から大阪まで行き来が可能であった琵琶湖疏水の舟運 (通船)は、旅客・貨物ともに利用されましたが、交通網の発達に伴い昭和26年にその姿を消しました。

以来、琵琶湖疏水における舟運の復活を望む声は幾度となく挙がったものの、長きにわたってその実現には至りませんでした。
 

そうした中、平成25年(2013年)12月に京都市長及び大津市長の参加による船下り試乗会を行ったことを契機に、市民生活や産業・文化を支えてきた琵琶湖疏水建設の意義を多くの皆さまに改めて認識いただくとともに、新たな観光資源として京都、大津の疏水沿線だけでなく広域的な地域の活性化に寄与することを目的として、
民間企業や、京都・大津両市の観光協会、商工会議所、そして両市の行政が知恵を出し合う形で
「琵琶湖疏水船下り実行委員会」が平成26年(2014年)12月に立ち上がり、
琵琶湖疏水における通船の本格的な復活に向けた検討を開始しました。
b0215856_1110812.jpg


「琵琶湖疏水通船復活応援寄附金」の開始

平成30年度の本格事業化を目指す琵琶湖疏水通船復活事業について、4月からふるさと納税を活用した寄附の募集を開始します。
京都や疏水を応援いただける全国の皆様から頂いた寄附金は、平成27年から試行事業を重ねている琵琶湖疏水通船の本格的な復活に向け、
新たな2隻の船の建造をはじめとする今後の事業運営に活用します。

b0215856_11102384.jpg

皆様からの寄附で船を建造します!

明治の先人から受け継いできた疏水沿線の歴史、
景観に調和したデザインと、
現代の基準に見合った高い安全性及び快適性を兼ね備えた新しい船を建造します。

5万円以上の寄付で、乗船にご招待!
その他、寄附に対する特典・顕彰などについては

下記URLより各ホームページをご参照ください。

資料
京都市ホームページ/広報資料(平成29年3月30日)
http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000216143.html

「琵琶湖疏水船下り実行委員会」 
http://www.biwako-sosui.jp/


ーーーーーーーー広報部Dのひとりごとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
# by takushin_blog | 2017-04-06 11:16 | 広報企画部Dのひとりごと
“琵琶湖の深呼吸”ってご存知ですか?

琵琶湖の全層循環は、酸素をたっぷり含んだ表層の水が冬の寒さで冷やされて深い湖底まで沈み込み、
中層以上の良い水と混ざり合う年に一度の現象です。
これは湖底付近に暮らす生き物の生息環境にとっても、
琵琶湖の水質にとっても大変重要な意味を持っていて、“琵琶湖の深呼吸”と呼ばれています。


冬の寒さで琵琶湖表層の水が冷やされる
 ↓
冷えて重くなった表層の水が沈む[豆知識:水は4℃が一番重い]
 ↓
琵琶湖の底にとどまっていた水と入れ替わる(全層循環)
 ↓
酸素いっぱいの表層の水が沈むことで、琵琶湖の底にも酸素が行き渡る(深呼吸)



「琵琶湖の深呼吸」とも言われる琵琶湖の全循環(全層循環)が無事に確認されました。
滋賀県は1月31日、琵琶湖北湖の高島市・今津浜沖で、
湖の表層と底層 (水深約90メートル)の水中に溶けた酸素濃度が同程度になる
「全循環」(1リットル当たり3~4ミリグラムだった酸素濃度が10・1ミリグラムまで上昇)が
1月26日に確認されたと発表しました。

最近の10年間では、2011年1月 24日の確認についで2番目の早さとのことです
(昨年、2016年は3月半ばでした)。
今年は、水温が高いことに加えて、雪が降ったり、気温が低かったりしたことが、
早めに全循環が起こった理由のようです。とりあえず、滋賀県民としてホッとしています。


気温や水温、酸素、すべてが円滑に調和した大いなる自然現象に支えられている
多くの植物、生物、そして琵琶湖を水瓶としている私たちの暮らし。

「琵琶湖の深呼吸」はまさに大自然が作り上げた
“スマートコミュニティ”なのではないでしょうか。


琵琶湖って生きているんだなと感じます。
[PR]
# by takushin_blog | 2017-02-15 15:02 | 広報企画部Dのひとりごと
第5回『スマートコミュニティ技術コンソーシアム』
      ~エネルギーと最新技術Ⅱ~

2月3日(金)
第5回『スマートコミュニティ技術コンソーシアム』が
東京都千代田区神田錦町のパシフィックコンサルタンツ様本社にて開催されました。

本コンソーシアムはスマートコミュニティに関する技術情報を交換する場であり、
異業種の交流などを目的としたコンソーシアムです。

初めに本コンソーシアム事務局長でありますパシフィックコンサルタンツ㈱玉木様より
本日の講演内容の説明と今後のコンソーシアムについて発表がありました。
次回からは本コンソーシアムの代表に早稲田大学 名誉教授 横山隆一様が就任され、
事務局を環境エネルギ-研究所㈱様(代表取締役 横山隆一)、
アドバイザーとしてパシフィックコンサルタンツ様が務められることになりました。
b0215856_14515155.jpg

b0215856_14521216.jpg

講演は横山先生の「環境エネルギー技術と次世代ネットワークの最新動向」からスタ-ト致しました。
日頃は滋賀県のエネルギー行政にも大変ご尽力頂いており感謝しております。

次に京都市中京区が本社のスフェラパワー㈱ 代表取締役社長 井本聡一郎様から
「世界初の三次元受光型太陽電池 球状太陽電池スフェラー」についてのご講演を頂きました。
本技術につきましては去る1/21にBS-TBSで放映されました
「夢の鍵」という番組でも取り上げられております。
b0215856_14531136.jpg

三番手は㈱国土ガスハイウェイ 代表取締役 朝倉堅五様より「国土ガスハイウェイ構想と国土強靭化」
という政治絡みも含めた、世界を巻き込む壮大なプロジェクト内容のご講演を頂きました。
b0215856_14533165.jpg

四番手はモバイル・ITライターとしてご活躍されております太田百合子様より
「米国OSSIA社:ワイヤレス給電 COTA技術とは」という日本国内では
これから法整備が課題となりますが最新技術についてのご講演を頂きました。
b0215856_1454445.jpg

最後は弊社 芦田孝より「琵琶湖スマートコモンズ分譲販売へ」という題目で講演させて頂きました。
大自然が作り上げたスマートコミュニティ「琵琶湖の深呼吸」の話(次回ブログでご紹介の予定)、
地方創生の一環として近江商人の「三方よし」を全国に世界に発信していく話を初め、
琵琶湖スマートコモンズの分譲販売が新たなビジネスモデルとして企画している内容を説明させて頂きました。
b0215856_145430100.jpg

今回も講演をする機会を設けて頂きありがとうございました。
次回開催は滋賀県で大規模なイベントを行なう予定となりましたので、準備を進めて参ります。

今回の
第5回『スマートコミュニティ技術コンソーシアム』 ~エネルギーと最新技術Ⅱ~
が新聞に掲載されました。
b0215856_12275458.jpg

[PR]
# by takushin_blog | 2017-02-06 14:58 | 琵琶湖スマートコモンズ関連
第3回 関西スマートエネルギー推進セミナー
「スマエネ×自治体との連携」が
1月20日(金) 大阪大学中之島センター10F
佐治敬三メモリアルホールにて開催されました。
b0215856_10451629.png


定員150名の募集でしたが申込者多数のため180名の増員。
これからもスマエネの実装への関心の高さが伺い知れます。

基調講演「スマートシティー実現に向けた取組み」につづき
自治体と連携した企業の取組みが紹介されました。

宮古島における全島EMS実証事業の成果、蓄エネ機器やHP給湯器普及シュミレーション、IoTネットワーク実証…
実証数値などからの成果やシュミレーションには信憑性があり、分かり易い説明でした。
また、水ing(株)のバイオマス施設導入における“生ごみリサイクル”事例では、
生ごみ分別再資源化でCO2を24%削減でき、生ごみから肥料と再生エネルギーを創出。
企業と市民が一体となったエネルギー意識の高い取組みと感心しました。

さらには何かとご協力いただいている関西電力や滋賀県県民生活部エネルギー政策課の
取組みについても講演がありました。
b0215856_10454454.jpg

b0215856_10455789.jpg

企業間連携の取組み〜地方自治体、市民へ。
“スマコミ”が一部の企業や専門家だけのキーワードでなく、
ようやく人々の生活レベルへの変革として普及しつつあるのではと感じました。

今回のテーマである「スマエネ×自治体との連携」は
弊社が総合プロデュースする「琵琶湖スマートコモンズ」運営においても大きな柱となるところです。
よりよい家づくり、街づくり、そして地方エリアが一体となって
明るい未来を見据えることができるプロジェクトとしたいと思います。

以上、第3回 関西スマートエネルギー推進セミナーの傍聴報告です。
[PR]
# by takushin_blog | 2017-01-23 10:47 | 琵琶湖スマートコモンズ関連